« ダンボール管スピーカー | トップページ | 新しいパソコン »

2009年8月 2日 (日)

試行錯誤は続く

ダンボール管スピーカーをでっち上げて色々試していますが、出口部分にタオルで制動を掛けると僅かに音に癖が残っている様に感じてしまいます、それでも最初の頃から比べると相当素直になっていますが、認めたくは無いのですがこれで十分という感じでは無いとは思っていました。
という事でこの発想の原点になったやり方をまだ試していなかったので実行してみる事にします。
82
底にあったタオルを撤去します、取り敢えずスぺーサーとして洗濯バサミを使い筒を床から浮かせてしまいます、内部は背圧を逃すための隙間を残しつつ棒状に丸めたタオルを積み上げて充填していきます、さてどんな音が出るでしょう。
聴きなれたソースを再生してみます、う~んとうとう来ましたね、特定の帯域に響きが乗る癖が一掃されています、CONTOUR3.0と交互に聴き比べても変な癖は感じられません、見た目は変ですが音は全く普通です。
試しに吸音材を全部撤去するとボワンボワンといってとても聞いていられません、吸音材を充填するかしないかで全く別物になってしまいます。
この手法はトランスミッションラインのSPを自作された方のアイディアから頂いた物です、詳しい理論説明が出来ない自分が勝手にリンクを貼る事は恐れ多いので止めておきますが、とても興味深い測定結果がありますのでこれだけは掲載させてください。
655sa_06
これは管に吸音材を充填していった時のSPの低域共振のインピーダンス特性の変化を表していますが吸音材を充填していくにつれて低域共振が制動されているのがはっきりと測定されています。
通常SPシステムはどういう形式を取ろうとも、低域共振は周波数が変わったり逆に幾つものピークが出来たりしますがこういう風に制動される例は初めて見ました。
SPシステムの低域特性は不十分なため共振や共鳴を利用して、ローエンドの伸張を図りますが、音圧特性では改善されますが制動では改悪になっているはずです。
オーディオシステムの中で共振が残っているのはSPシステムとアナログレコードの再生システムです。
レコードの再生にはカートリッジとトーンアームが必須ですが、この組み合わせでもかなり強烈な低域共振が残っています、可聴帯域外ですが10Hz前後に10db内外のピークが発生しています、高域共振も発生していますが、そこは対策が施されて大きなピークは無くなっていますがそれでも色付けは発生しています。
アナログレコードをレーザーターンテーブル(共振が無い)でCDにして貰うと通常のレコードプレーヤーと聴き比べると音の質感に思いもよらぬほど大きな差がある事に気が付きます、ただアナログレコードは既に一般的ではないから殆どの人には無関係ですね。
話を元に戻すと、こうゆう具合上手に低域共振を制動できるとその周波数特性は無限大バッフルの特性に近づくとリンク先(すみませんリンクしていません)では述べられています。
この例に挙げられたSPのFsは100Hzあたりで自分が求めている低域特性には程遠い物がありますので、何らかの形で追試してみたいと思っていたところFX200が手に入った為お遊びで試してみる事が出来ました。
何処で制動を掛けるかで音質もかなり違う事が確認できましたが、管の内部に吸音材を充填する事で十分実用に耐えうる物が出来ると分かった事は大きな収穫です。
高域の音色はFX200の特徴が出ていますのでこの簡易型デフェーザーで聴取ポイントに反射させてみたところ少しだけ強く聞こえましたのでTREBLEを-3にして聴いてみたところ3.0に近づきました。
さて今後はこれをちゃんとしたエンクロージャーに収めれば完成なんですが、結構費用がかかりそうなので躊躇っているのが事実です。
現在3組(内一組はテレビ用で固定)で更に一組増える訳ですが、流石に考えてしまいます。
アイディアを具現化した物として自分の趣味の象徴として作っておきたい気もしますが、予備実験では上手くいったとしてしても、自分の曖昧な知識で作られた物が本当に実用に耐え得るか自信が無いからですね。
現在の状態でも2000ZXやCONTOUR3.0と比べても音の質感やサウンドバランスの違いは感じても劣っているようには聞こえないのが救いなんですが、自分の知識の無さが実行を踏み止まらせています。
更に実験を続けるならオクにはSP用の吸音材が安価に出ていますから、管内部を完全にそれに置き換えてしまう事も考えられますが、さてどうしましょうか・・・・・・・・・・・・・・・。

気になる低域特性を調べてみました、が測定機器があるわけではないのでTEST CDによる再生なのであくまでも大雑把な目安にしか過ぎませんが。
20Hzから正弦波を再生してみましたが、30Hzぐらいから十分なレスポンスがあるようです、実際2000ZXよりも低域は伸びている様に聞こえます、低音の上の方は量感として認識されますがそちらは2000ZXの方が豊かに聞こえます。
メーカー発表データに近い特性が出ていれば印象もあながち間違っていない気もしますね、超低域は後面解放と同等と思われ再生レベルは極端に低いと思われますが、通常の音楽再生ではその影響は全く分かりません。
現状のダンボール管の問題点は巻きの緩い所で低音の正弦波を再生するとビビり音が発生する事ですね、それを除けば見た目からは考えられないほど真っ当な音がします。

|

« ダンボール管スピーカー | トップページ | 新しいパソコン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 試行錯誤は続く:

« ダンボール管スピーカー | トップページ | 新しいパソコン »