« 2018年6月 | トップページ | 2019年2月 »

2018年12月16日 (日)

64bitにする

先日windows10の32bitに変更しましたが、更にバージョンアップして64bitに変更しました。
というのも、7で使っていた時、最後の頃は時々固まったりして、調子が思わしくないことが多々発生していました。
windows10に変更したらそれも解消されるかと思っていましたが、いろんな設定が残ったままのバージョンアップでは、それらは解消されていないようで、同じような挙動が残ってしまっていました。
それならということで64bitバージョンへとさらなる変更をすることにしました。
ダウンロードのサイトからUSBメモリ(自分は手持ちの関係でSDカード)に必要なものをダウンロードしてやってみました。。
最初はPCを立ちあがた後にsetupを起動させようとしたところ上手くいかないので、例によって検索です。
なるほど起動直後にUSBを読み込むように設定すればよいのね、やり方も調べるとわかりました。
やってみると意外と短時間で出来ました、そのあとシステムの画面で確認してみます。
Photo
無事windows10 pro 64bitになっています。時々固まったり、電源が落ちることがあったのですが、まったく安定した状態になりました。
もう一つ気が付いたのですが実装メモリ(RAM)が4GB認識されていることです、このノートPCは古いマシンですが、旧式とはいえビデオカードを内蔵しているので、ビデオ関係にメモリを割り当てる必要がないので、4GB全てがシステムに割り当てられているようです、何となく得した気分です。
液晶は1366*768の画素数しかなくFULL HDではないのが残念なところですが10年以上前のマシンなので、その当時は普通のスペックだったと思います。自分の日常使いには全く問題のない性能はありそうです。
それとマイクロソフトからダウンロードしたwindows10なので余計なアプリが入っていないのもうれしいところです。
Photo_2
これはitunesをダウンロードした後でこれらのプログラムがインストールされたことになっていますが、最初見たときここが全く空白になっていてちょっとだけビックリしました。
ただしスタートメニューには自分が使いそうもないメニューがあり、試しに右クリックをするとアンインストールという表示が出てきたものがあったので、自分に不要なものは更にアンインストールしました。
いまはまったく安定した状態で使えていますが、このPCにはATIのHD4570というビデオカードが内蔵されており、ドライバーをインストール必要があると思っていましたが、入れなくとも画面が正常に出ています。クリーンインストールのはずですが、100%完全なクリーンインストールではなく一部は機能を残してあるような感じです 。
更に徹底的にクリーンインストールしようと思えばCドライブを再フォーマットした上で、windows10をインストールすれば本当に意味でのクリーンインストールになるよう気がします、その場合ビデオカードのドライバー等も再インストールする必要がありそうです、また具合が悪くなってきたら遊びでCドライブのフォーマットからやってみようかな。
自分がパソコンを使い始めたことは右も左もわからなかったのですが、OSインストールするのいつに間にか当たり前になってきています。
このPCはxp pro,vista business,7pro 32bit,10pro 32bit,10pro 64bit このような変遷をしてきました。幸いなことにCドライブはプロパティから調べる限りにおいては異常は無いようなのでまだまだ使えそうです。
⁂youtubeを見ていたらwindows10をクリーンインストールするとドライバーも勝手に拾ってきてくれるというのを見ました。そうであるなら64bit版にしたとき完全にクリーンインストールされたことになっている筈ですね。
確かに32bit版にしたとき残っていた動作の不具合が64bit版にしてからは全くなくなっています、新品当初に戻ったようにスムーズに動作します。もう1台低価格の新品ノートPCを今使っていますが、画素数がFULL HDでない点を除けばこっちのほうが何となく良さげな感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 1日 (土)

なぜだか今頃windows10にバージョンアップ

SONYBDプレーヤーでYOUTUBEをただ眺めていたら、もう終了していたと思われているwindows10へのバージョンアップができるという物が出てきました。
ということで動画を少し見ていたらすぐやり方が分かったので寝る前に作業を開始してPCにお任せでやってみることにしました。
P_20181201_071242
目が覚めたら途中で同意を求める画面が出てきたりしていたので、それをクリックしながら勝手にやらせていると、次に目が覚めた時にはこの画面になっており、そのまま作業させます。
終了した後にシステムを確認してみると以下のようになっていました。
Windows10_pro_32bit

windows10 pro 32bitという表示になっています。このPCは32bitのマシンなので当然そうなるのですが、仕事で使う格安のPCでも64bitが当たり前なので、少し不思議な感じがします。
このPCはvistaの時代にあえてXPのPROにダウングレードして使い始めました。
その後vista bussinessに戻して、更に7 proにして使っていました。10にアップグレードしようか迷っているうちに、無償でのアップグレードが終了して、まあいいかぐらいに思っていましたが、こういうのが目についたので壊れてもいいやというつもりで行ってみたところ、無事終了です。
アプリやファイルがどうなるか若干不安でしたが、そのまま引き継がれたため何の問題もなく普通に使えています。
bluetoothのマウスが使えなくなりましたが、探せば何か解決策があると楽観的に思っています。windows10 pro 32bit 10年物の貧弱なスペックのマシンですが、普通に使えそうです。
最初は無地の黒のdesktopだったので見慣れたdesktopの画面に変更しました。これって64bitに出来れば嬉しいな、その場合アプリやファイルが心配だけど。
Desktop
検索してみました。32bitから64bitに変更できるようですね。その場合クリーンインストールになるので必要なファイルはバックアップが必要ですね。クリーンインストールならCドライブも綺麗になりそうだから正月にでもやってみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2019年2月 »