« もう一度作ってみるか・・・・・悩ましい | トップページ | 中華のスマホを買いました UMIDIGI A5 PRO »

2019年3月21日 (木)

foobar2000とFX-Q50Jで遊ぶ

自作SPはマルチアンプシステム用なのでFX-Q50Jで鳴らそうとするとウーファーのみで鳴らすことになってしまいます。
アンプのトンコンとイコライザで補正してみたところ結構まともな音が出てきたので、きちんとF特の逆補正が出来れば更に自然に聞こえるのではないかと思っていて、何か方法がないか考えてみました。
ありますね,foobar2000のイコライザーを使う事を思いつきました。
Dsc00110
ウーファーの特性図がPDFとして公開されていますので、それを思い出しながら逆補正をしてみました。
画像のような感じで逆補正です、音を出してビックリ。
普通に2wayスピーカーが鳴っているように聞こえます
アンプはダイレクトモードで使っています、ブックシェルSPが普通になっているような感じですね。
ますますSPを再度作り直したくなってきました、今のSPは低域の量感が少ないのでそこも補正していますが、
それなしで再生出来るようにすれば、もっと良くなりますね。
今構想を練り上げている途中なんですが、すべてのパーツが取り外し可能な物でないと調整がきちんと出来なのでそこで少し足踏み状態です。

|

« もう一度作ってみるか・・・・・悩ましい | トップページ | 中華のスマホを買いました UMIDIGI A5 PRO »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう一度作ってみるか・・・・・悩ましい | トップページ | 中華のスマホを買いました UMIDIGI A5 PRO »